酔鯨酒造の詳細情報 | SACKET | 海外の飲食店・消費者と蔵元を繋ぐ、日本酒の情報インフラ

酔鯨酒造

  • 食文化を豊かにするプレミアムな日本酒

  • 新鮮

  • 酒造りにかける職人集団 想い、情熱が醸す魂の一杯を求めて。

What

私たちが醸すお酒は文化を豊かにするものである

いつもの食事”そして“ハレの日の宴”をさらに豊かにすることを目指して、私たちはお料理と共にお楽しみ頂けるお酒を追求しています。私たちは酒造りを通して「お酒のある暮らしをもっと豊かに、そしてすべてのお客さまに笑顔を広げていきたい」と想っています。酔鯨を愛してくださるお客さま、あるいは日本酒を初めて飲まれるお客さま、すべてのお客さまに「日本酒は美味しい!!」と思ってもらえることが私たちの目標です。お酒造りとは、素材の一つひとつに向き合い、麹菌や酵母などの微生物の働きを信じ、これら微生物の力を活かして米から酒を醸すことだと思います。原料米の特性を調べ、麹の出来を肌で感じ、酵母の声を聴き、そして丁寧に搾る。それぞれの工程は昔から伝わるものですが、その一つでも上手くいかなければ決して良い酒は出来ません。私たちに出来ることは情熱を持ち、より良い一杯を創る想いで一つひとつの仕事を積み重ねていくこと。そしてそれはお客さまの「美味しい、旨いっ」の声につながると信じています。

D628d3 8f254d84fd9f4adc98ebda754f29418d mv2
Why

厳しい酒造り環境なればこそ、独自の技を研鑽。土佐という風土にしか生まれ得ない酒を誕生させた。

高知県は、決して酒造りに恵まれた環境ではありません。温暖な気候、多雨多湿の環境は、むしろ酒造りにおいて厳しい環境といえます。しかし、このような風土だからこその技が生まれ、日々研鑽されて、土佐にしか生まれ得ない土佐の清酒を誕生させました。酔鯨は、そうした土佐の酒の中にあって、独自に土佐の食文化と共に進化し、さらに世界の食文化にインパクトを与えることができる新しい日本の酒を探究しています。また、そこに求められるものは時代と共に変化します。そうした時代を捉えた酒造りも酔鯨のこだわりの一つです。もちろん伝統の継承は肝要です。しかし、その伝統を守るための革新があればこそ継承されるものと考えています。

D628d3 116aefd259f544c2a4ea290b582a9426 mv2
How

酔鯨の酒造りを貫く妥協なきこだわり 素材へのこだわりが生み出す土佐の名酒。

醸す酒の味わいは、造りの技術はもちろん、原料である米、水、酵母に大きく影響されます。酔鯨ではそれぞれの素材にこだわり、素材の良さを生かした酒造りを目指しています。米は目指す酒質に適した品種を厳選し、これを高精白に磨き使用しています。特に吟醸酒造りでは、酒米の個性を味わいに生かすため、各仕込みごとに同一品種、同一精米歩合としています。また、精米歩合は大吟醸、吟醸酒、純米酒において、すべて規定※1されている基準値より低く設定しています。この高精白により、まろやかな味わい、キレの良いあと味が生まれます。仕込水は高知市の北部、山に囲まれる土佐山地区の湧水を使用しています。水質は口あたり優しい軟水で、これは酔鯨の特長である自然な軟らかさにつながります。また、酵母は伝統的な吟醸酒酵母である熊本酵母(協会9号系)を使用し、芯のあるしっかりとした旨味、穏やかな吟醸香を実現しています。
※:清酒の製法品質基準による

D628d3 57bfca19f36e49f7ae431dff73094b38 mv2

Sake List

A226d51dccbcf2c8

酔鯨 純米吟醸 吟麗 ​

旨みとキレの良さが際立つ、酔鯨を代表する純米吟醸酒 ​ 特徴 香りはあくまで控えめとし、...

092ead7faaa94a13

酔鯨 特別純米酒 ​

原料米を磨き、究極の食中酒を目指して醸す“特別純米酒” ​ 特徴 毎日の晩酌に合わせて頂...

Comment